BLOGブログ

completionの活動・日常・商品紹介・お店に関する雑記BLOG

リガロフード取扱店 。オススメできる理由

リガロドックフード取扱店

自信を持ってオススメできる理由が有ります

ドックフード選びってとっても難しいと思います

愛犬が、自分で「これが良い」とか言ってくれたら良いのにと思いますよね(笑)

食いつきだったり、うんちの状態、お肌の様子や匂いだったり気になる所はいっぱい。

『グレインフリー』や『ヒューマングレード』

HPやパッケージにどれだけ良さそうなことを書いていても、合う合わないも有りますし

実際は一定期間あげてみないと分からないものです。

勿論リガロも、それらの良いフードの条件はクリアしているフードです。

でもオススメできるそんなことではなくて、、

 

自分達が愛犬に与えていて、良いと思ったからです

今は家族それぞれの所帯を持って生活しておりますが、皆が愛犬家。

今では一家総出でリガロ愛用者です。

特に私の愛犬ヨークシャテリアは、食いつきが悪かったり、目やに、耳の汚れ(特に右耳)が出やすい子でした。

病院で貰ったフードも試したりしましたが辿り着いたのがリガロだったという理由が、自信を持って置かせて頂いている理由です。

 

体感効果

 

  • 耳汚れが無くなった
  • 目やにが少なくなった
  • 食いつきも良い(特にうちのこはターキー)
  • うんちも健康そのもの
  • 毛にツヤが出た

悩みをほぼ解消してくれ美味しいそうに食べてくれているのでとっても良いフードだと判断し、オススメした周りの、わんこ達も気に入って使ってくれている様子でした。

【ご来店者様限定】当店は定価より10%offでご提供させて頂いております

リガロ ターキー 1.8㎏
定価4000円
リガロ ラム 1.8㎏
定価4000円
リガロ フィッシュ 1.8㎏
定価3600円
以下 公式から参照

・リガロ(PREMIUM KITCHEN RIGARO)のこだわり
リガロはワンちゃんのお腹の健康を大切に考え、ワンちゃん本来の理想的な食事をとことん追求しました。リガロは「ラム」「ターキー」「フィッシュ」の全3種類。生後6週目のパピーからシニア犬までオールステージ対応です。

・リガロ(PREMIUM KITCHEN RIGARO)の特長
リガロシリーズは、ワンちゃんのお腹の健康を考え、栄養価がとても高く、消化に優れたお腹にやさしい素材を厳選しております。さらに、ワンちゃんにとって消化が苦手な穀物を一切使用せず、食物アレルギーに負けない、はつらつとした毎日を応援します。おいしく食べて欲しいから主原料にお肉がたっぷり。味も選べる3種類ですのでお好みに応じて食事が楽しめます

1.おいしくって腸 健康
リガロは、ワンちゃんのお腹の健康を考え、主原料には、お腹にやさしい生肉・魚をたっぷり使用しています。リガロの原材料は、ワンちゃんのお腹に負担が少なく、消化しやすいのでワンちゃんが本来もつ強さを引き出します。

2.グレインフリー(穀物不使用)

リガロは、ワンちゃんのお腹の健康を考え、消化吸収を苦手とする小麦、トウモロコシなどの穀物類を一切使用していない、グレインフリーのドッグフードです。
穀物の代わりに栄養価の高い、消化の優れた豆類を使用しています。

3.ハイプロテイン タンパク質含有量37%以上
リガロシリーズの「 ラム 」と「 ターキー 」は、特殊な製造法でたんぱく質の含有量37%以上を実現しました。リガロシリーズは、動物性と植物性の両方の良質なたんぱく源を使用しているので、ワンちゃんの体づくりに役立つ必須アミノ酸を効率的に摂取することができます。さらに、食後の満足感が維持するので、ダイエットにも適しています。

4.食物アレルギーの予防にフードローテーション!

食物アレルギーの一因は特定の原材料を摂取し続けることで、引き金になるとも言われています。リガロシリーズには「 ラム 」、「 ターキー 」、「 フィッシュ 」の3種類があります。ローテーションすることで、それぞれの主原料であるたんぱく源のメリットや機能性成分を摂取する事ができます。
なにより、リガロシリーズの3種類をローテーションすると、ワンちゃんの毎日の食事の楽しみも広がりますね。
「 フードローテンション 」とは??

フードを一定期間ごとに変える給餌スタイルです。
ワンちゃんによって個体差がありますが、突然、従来のフードから新しいフードへ一度にたくさんの量の切り替えを行うと、ワンちゃんのお腹は新しいフードに慣れていない為、負担がかかります。新しいフードに慣れさせながら、1~2週間ほど時間をかけて切り替えされることをおすすめします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事